【天気と防災】家の安全対策について

【わかりやすい天気と防災】
11月18日水曜日13時30分〜
(テーマ)
家の安全ついて
佐伯区役所 地域起こし推進課 田中由宇(ゆう)さんにお話を伺いました。

11月18日は「いい家の日」という事で、そろそろ年の瀬を迎えるということで、「家の外」「家の中」「家族」の3つの視点で防災のお話しをしていただきました。

【家の外の対策】
窓、室外機、屋根、ブロック塀など安全な対策がされているか。
またマンションにお住まいの方も共用部に荷物を置いていると、災害時の避難や救急活動に支障が出る可能性があるので、今一度確認を。

 【家の外の対策】
 阪神・淡路大震災では、建物の中でけがをした人の半数は家具の点灯や落下が原因だったという調査結果があります。「けがの防止」と「避難経路の確保」の2点にご注意ください。

【家族の安全対策】
いちばん大切なのは「家族」を守ることです。大切なご家族の方とぜひ「安否確認」について話しあいをしてみてくださいね。

また広島市では今年の6月に「避難所へGO!」というアプリをリリースしました。お住まいの地域のハザードマップや最寄りの避難所の場所、防災お役立ち情報などを確認することができます。また大雨などの発生時には、避難勧告や現在地の危険度などの緊急情報を受け取ることができ、最寄りの避難所への案内もしてくれます。「避難所へGO(GOはアルファベット)」で検索すれば、広島市HPが出てきます。そこからダウンロードページに行くことができます。iOSとandroidともに対応しています。
ぜひダウンロードしてみてくださいね。

インタビュアー 吉田


カテゴリー: 天気と防災 パーマリンク

コメントは停止中です。

«