【天気と防災】コロナ対策と地元の防災活動について

【わかりやすい天気と防災】
6月3日水曜 13時30分〜

テーマ コロナ対策と地元の防災活動について
防災士、パーソナリティの谷村敏彦さんにお話を伺いました。

緊急事態宣言後初のスタジオにて収録という事でFMはつかいちに馴染み深い、谷村さんと一緒に番組を進めました。

いまは本格的な活動は佐伯区でも再開されていませんが、窓を開けて密閉を避けて、間隔を広く保ち密接を防ぎながら、活動も少しずつ再開予定だそうです。

ただこれから梅雨の季節に向けて1番気になるのは、災害が起きたときの避難所での三密回避。
自宅避難がいままで以上に必要になり、自宅でできる避難対策が非常に大切とおっしゃっていました。
またこれからの季節は雨災害と合わせて、熱中症への備えも必須です。

コロナも熱中症も災害なので、どのようにして防いでいくか、課題は沢山ありますね。

佐伯区で新しい形式での今後の防災活動も注目です。

インタビュアー 吉田


カテゴリー: 天気と防災 パーマリンク

コメントは停止中です。

»«