FMはつかいちパーソナリティ紹介 > 瀬木寛親

瀬木 寛親

担当番組

「瀬木寛親(せぎひろちか)の選挙に行こう!」

誕生日

1964年10月28日

血液型

A型

資格
介護福祉士国家資格(指定専門学校に2年通い取得。福祉に携わる事業への進出も今後の目標のひとつです)

趣味

歌(チャリティCD「ピースオンザロード」2010.10.5リリース)
篠笛(廿日市市文化協会所属「四季音会」代表)
釣り(主にルアーフィッシング)自転車(MTB)スノボー(だいぶ昔)
剣道(もう何年も稽古に行けてませんが、、、)

特技

元モトクロス国際B級選手(若かりし頃はプロを目指して頑張ってました)

資格

介護福祉士国家資格(指定専門学校に2年通い取得。福祉に携わる事業への進出も今後の目標のひとつです)

著書

時事通信社「地方行政」
2018.5.10(第10803号)「ベーシックインカムがもたらす、もう一つの未来」
2019.2.7(第10865号)「ベーシックインカムで持続可能な社会を」
両記事ともフリージャーナリスト中村美千代氏との共著

好きなもの・こと

   
人との出会い友達作り・神社巡り・料理・ビール・カラオケ・映画鑑賞

おすすめスポットin廿日市 

宮島の大願寺にある「龍神の祠」
弁財天の守護である龍神が祀られていてその昔はこの辺り一帯が海で満潮になると祠から泳いで出て行く龍神の姿が視られたとか、、、辰年生まれの僕にとっては特に大切なパワースポットです。

おすすめスポットin日本or世界

広島市の「原爆ドーム」
宮島と双璧を成す世界遺産。2つの世界遺産のある広島県(しかも20kmと少しの至近距離)に居る事の貴重さを特に国内外からの観光客と話してて強く感じます。特に僕が幼少期を過ごしたのがこの付近で平和公園や広島城が遊び場でした。
また被爆二世としての特別な思い入れのある場所でもあります。

PR

〜飲食の世界で約10年間〜
中華や担々麺のお店を中心にスクラップアンドビルドも繰返しながら約10店舗を展開。特に広島並木通りに本店を構えてた中華レストラン「赤竜(あかたつ)」では毎月5日、50円以上の募金と引換に担々麺を無料で振舞う「チャリティー担々麺」活動を6年間続け貯まった募金から原爆養護ホーム「倉掛のぞみ園」に毎年電動介助ベッドを寄贈していました。
この間、この活動のイメージソングとして被爆65周年記念チャリティーCD「ピースオンザロード」を僕自身の歌唱でリリースしたり、また当時まだ数店しか専門店のなかった「汁なし担々麺」を本格的に広島名物として根付かせようと初めて専門店の多店化に乗り出し、第一次ブームの礎を築いたりもしました。
〜政治の世界で約6年間〜
飲食から政治の世界へ転身。衆議院議員秘書や政党支部・事務局業務に携わりながら数多くの選挙の現場に入り活動を続けました。
そんな経験の中で特にこれからの社会保障制度のありかたや地方分権の流れの中で地方議会・市政の運営が国全体の為にも益々重要となってくる事も痛感しました6年間でした。

そんな経験を生かして現在は飲食コンサルタントや選挙プランニングに携わりながら、これからの新しい社会保障制度についての研究も進めてます。
理論理屈よりも「常に現場」の姿勢をモットーに身体と頭で感じる事を大切にした提案を続けて行きたいです。
番組では特に若い人達に選挙や市政の大切さ、そして面白さを伝え興味を持ってもらえれば本懐であります。