【天気と防災】気象記念日と気象イベントについて

【わかりやすい天気と防災】
5月29日(水)13月30分〜
テーマ 気象記念日と気象イベントについて
気象予報士、防災士
山内雅志さんに話を伺いました。

山内さんは、日本気象予報士会、日本防災士会、防災WESTに所属され、気象、防災と幅広い活動をされていらっしゃいます。
また気象と音楽をコラボしたイベントも開催されています。

6月1日は気象記念日です。1875年の6月1日に、日本初の気象台「東京気象台」が設置され、東京で気象と地震の観測が開始されたことを記念して制定されました。
そして9年後の1884年のこの日には、日本で最初の天気予報が発表されました

江波山気象館では毎年気象記念日に1番近い日曜日に気象イベントを開催します。
今年は6月2日で、気象キャスター体験、地震津波体験、大雨体験など内容盛りだくさんです。
また気象庁マスコットキャラクターのはれるんとのトークショーも開催され、
11時〜11時30分は山内さんが講師を担当。
14時〜14時30分は吉田が担当します。

皆さんぜひ、6月2日は江波山気象館にご家族で足をお運びくださいね!

インタビュアー 吉田


カテゴリー: 天気と防災 パーマリンク

コメントは停止中です。

«