【天気と防災】みんなで減災

【わかりやすい天気と防災】
1月17日水曜 13時30分〜

テーマ みんなで減災
広島県 危機管理監 減災対策推進担当課長 藤谷 吉秀さんにお話を伺いました。

広島県危機管理監は、自然災害、林野火災、テロ事件、武力攻撃などからの国民保護に関すること、石油コンビナート事故などへの対応をされていますが、減災対策推進担当課は、平成26年8月の広島市での土砂災害を受けて設けられ、平成27年度から広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動の推進を担当されています。

県民総ぐるみ運動は、住民の皆さんにとっていただきたい「行動目標」を掲げ、1年を通じて取り組んでいます。

⑴お住まい周辺で起こり得る災害は何で、避難場所や安全な経路を知っていただく。
⑵防災情報メールへの登録により、防災情報の入手手段を整える。
⑶いざと言う時には声をかけあう、早めに避難、身を守るための適切な行動をとっていただくこと。
⑷地域の防災教室、防災訓練などに参加。
⑸非常食の備蓄や家具の転倒防止を備えておく。

いままで災害が起きていない地域でも、いつ災害が起きるかわかりません。自分でできることからはじめて欲しいとおっしゃっていました。

総ぐるみ運動に関する情報は
「減災 はじめの一歩」と検索していただくとご覧いただけます。

インタビュアー 吉田


カテゴリー: 天気と防災 パーマリンク

コメントは停止中です。

»«