【天気と防災】防災講演会について

【わかりやすい天気と防災】
1月2日水曜 13時30分〜

新年明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願い致します。

2019年最初の放送は
テーマ 防災講演会について
廿日市市 地域政策課 防災相談員の三浦勇二さんにお話を伺いました。

廿日市市の防災の窓口として、活動をされている三浦さんは、廿日市市で防災の出前トーク、防災の相談を受けたり、地域での防災訓練などに参加されています。
防災相談員になられて、出前トーク内容もいい
出前トークの実施件数を、平成29年度に29件、平成30年は、西日本豪雨で防災の関心が高まったせいもあり、平成30年4月~12月(275日、39週)で45件と昨年より実施件数が増え平成30年度は過去最高の実施件数となります。
その他、防災訓練、研修、会議、出前トークなどを含めて地域などへ出向いた件数が、平成30年4月~12月が103件となっており、3日に1回は地域等に出向いて何らかの仕事をされています。

また今年(平成31年)の2月2日(土)、午前10時~11時30分に、さくらぴあ大ホールにおいて、廿日市市主催で防災講演会を行います。
講師はNHK広島の気象キャスターの勝丸恭子さんで、防災講演会の題名は、
「命を守る気象情報にするために、平成30年7月豪雨災害を受けて」です。
是非参加をよろしくお願いします。
問合せ先は、
自治振興部地域政策課(0829-30-9139)です。

インタビュアー 吉田


カテゴリー: 天気と防災 パーマリンク

コメントは停止中です。

»«