【天気と防災】ペットと避難状況

【わかりやすい天気と防災】
テーマ ペットと避難状況
日本愛玩動物協会 広島県支所 宮崎 誠さん

宮崎さんは、2000年にテレビでリタイヤ盲導犬を見たことがきっかけで、愛玩動物飼養管理士の資格を取得され、現在は日本愛玩動物協会広島県支所長を務めていらっしゃいます。
日本愛玩動物協会は、昭和54年に設立し、資格認定や資格を取得した方の活動の場となっており、全国に37の支所があります。
セミナー開催や災害時のペットとの同行避難訓練へ足を運んでいらっしゃいます。

ペットと一緒に避難する『同行避難』は出来ても、ペットと飼い主が同じ部屋で寝泊まりする『同伴避難』はまだまだ難しい状況です。
日本愛玩動物協会では、3年前の広島市豪雨災害の際に、避難所廻りをされたり、支援物資を配布したり、避難所で夜鳴きした猫の一時預かりなどもされ、ボランティア活動を活発にされました。

(ペットと避難する際の注意点)
⚪︎ペット用の物資は、人間より避難所に届くのが遅いため、持ち出す物資は7日分くらいあるのが望ましい
⚪︎投薬している場合は、持ち出し袋へ。
⚪︎ペットの写真と画像データの両方を持っておく
⚪︎犬や猫は不妊去勢手術をしておくこと
⚪︎飼い主が助からなければペットは助からない。人の防災にも興味をもつ

今後は、ペットと同行避難訓練ができる場所が増えるように活動をなさるとのことでした。

https://www.jpc.or.jp/


カテゴリー: 天気と防災 パーマリンク

コメントは停止中です。

»«